Home > firefoxos > FirefoxOSをビルドしてNexusSにインストールする方法

FirefoxOSをビルドしてNexusSにインストールする方法


FirefoxOS(B2G:Boot to Gecko)をビルドして端末(NexusS)にインストールしたらちゃんと動いたのでその方法をメモしておきます。
FirefoxOSが正式名称ですが、中の人達はコード名としてB2Gを使っているらしく、本家サイトもB2Gのままなので、このエントリでもB2Gを使います(かしこ)。

環境

2012年9月11日の最新B2Gで試した情報です。
ビルドはUbuntu12.04(amd64)を使っています(以前にGMOさんに貸して頂いたVPS)。最低25GBのディスクスペースと4GBのスワップ領域が必要です。
NexusSにOSイメージを焼くのはMacBook Pro(Ratina)を使っています。
B2GはAndroid4(ICS)をサポートしているのでNexusSのOSはICSです。

B2Gをビルドする

特につまづいた事はありません。本家の手順通りにやったら出来ました。
GalaxyS2用はちょっと1手間増えるらしいので、S2に焼きたい場合は本家を確認してください。

ビルドツールをインストール

まずはビルド環境の構築です。ツールをaptでインストール。

% apt-get install autoconf-2.13 git ccache gcc g++ g++-multilib bison flex libncurses5-dev zlib1g-dev make curl bzip2
B2Gのビルドツールを取得する

gitで取って来る。

% git clone https://github.com/mozilla-b2g/B2G.git
% cd B2G
% ls
GNUmakefile  README.md  build.sh      config.sh  load-config.sh  run-ddd.sh       run-gdb.sh  setup.sh
LICENSE      bld.sh     code-drop.sh  flash.sh   repo            run-emulator.sh  scripts     test.sh

スクリプトが沢山。

ソースをゲットする

どの端末をターゲットにしてビルドするのかを決めます。今回はNexusS。

$ ./config.sh nexus-s

ここで初めてソースをpullしてきます。ベースがAndroidなので、かなり大量のソースコードを取得することになります。
凄く時間がかかります。GMOさんのVPSだとネットワークも潤沢なので45分ぐらいで取得できました^^

ちなみに、サポートしているターゲット端末一覧は以下のコマンドで調べられます。

% ./config.sh
Usage: ./config.sh (device name)
 
Valid devices to configure are:
- galaxy-s2
- galaxy-nexus
- nexus-s
- nexus-s-4g
- otoro
- pandaboard
- emulator
- emulator-x86

端末を持っていない場合はエミュレータでも楽しめそうです。

ようやくビルド

ソースが手に入ったのでさっそくビルド!

% ./build.sh -j20

-j20はビルドの並列数。GMO VPSは10CPUあるので20を指定。ビルドのボトルネックはディスク書出しなので、CPUが遊ばないように多めに指定。
これで20〜30分ぐらいでビルド完了!はやいぞVPS!

完成

以下のファイルが存在していればビルド成功です!

% ls out/target/product/crespo/*.img
boot.img  recovery.img  ramdisk-recovery.img  
system.img  ramdisk.img  userdata.img
NexusSにB2Gをインストール

インストールは手元にあるMBPにNexusSをUSB接続して行います。

OSイメージのダウンロード

B2Gの中にはOSをインストールするためのスクリプト(flash.sh)があるのですが、VPSサーバでビルドしてUSBが繋げない。。。
仕方ないので手元のMBPにOSイメージをダウンロードして、専用スクリプトを使わずにインストールします。
ダウンロードはscpとか使ってダウンロード(${B2G_IMG})してきました。

Android SDKの取得

もし持っていなかったらAndroid SDKが必要です。SDKに付属するツールを用いてB2Gをインストールします。
まずAndroid SDKスターターパッケージをダウンロードします。
スターターパッケージに含まれるパッケージマネージャを起動して[Tools]と[Platform-tools]をインストールします。

USBデバッグ

NexusSがUSBデバッグがONになっている事を確認しておいてください。
あと必要なデータは全てバックアップしましょう。

OEM unlock

NexusSにOSをインストールするため、OEM unlockします。
MBPとNexusSをUSBを接続。

% ${ANDROID-SDK}/platform-tools/adb reboot bootloader

NexusSの画面にアンドロイドの胴体がパカッと空いた絵が表示されます。
この状態で

% ${ANDROID-SDK}/platform-tools/fastboot oem unlock

すると「Unlock bootloader?」と聞かれるので、音量ボタンと電源ボタンを駆使して「Yes」を選択します。
またアンドロイドの胴体パカ画面に戻るので、電源ボタンを押して「Start」。

OSインストール

まずはデータの削除。これをやるとデータが全部消えます。

% ${ANDROID-SDK}/platform-tools/adb reboot bootloader
% ${ANDROID-SDK}/platform-tools/fastboot -w

イメージを焼きます。

% ${ANDROID-SDK}/platform-tools/fastboot flash system ${B2G_IMG}/system.img
% ${ANDROID-SDK}/platform-tools/fastboot flash recovery ${B2G_IMG}/recovery.img
% ${ANDROID-SDK}/platform-tools/fastboot flash userdata ${B2G_IMG}/userdata.img
% ${ANDROID-SDK}/platform-tools/fastboot flash boot ${B2G_IMG}/boot.img

完了です!音量ボタンと電源ボタンを駆使して再起動しましょう。

完成!

無事に起動したら完成ですオメデトウございます!
起動しなかったらCPU内蔵の文鎮になったかもしれませんw

おわりに

これでHTML5でアプリの書けるモバイル端末が手に入りました。Yey!

このエントリをはてなブックマークに登録 Deliciousにブックマーク
関連のありそうなエントリ

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

*
To prove that you're not a bot, enter this code
Anti-Spam Image

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.adamrocker.com/blog/333/build-and-install-firefox-os.html/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
FirefoxOSをビルドしてNexusSにインストールする方法 from throw Life

Home > firefoxos > FirefoxOSをビルドしてNexusSにインストールする方法

Author
Search
Feeds
Meta

Return to page top